2018/2/2 Fri +34.97

マーケット状況

まずは国内市場。今週は決算発表の企業も多く、いろいろ情報がヘッドラインを賑わせています。
為替はというと、昨日から引き続きAUDが下落一本調子。最近はAUDとNZDの相関があまりなくなっていたのですが、昨日はかなり似た動きとなってましたね。一方買われたのはドルやポンド。ドルは年始以降売られ続けており、そろそろ調整してもいいと思うのですが、どうなるでしょうか。

日銀が国債買入を増額したことで、長期金利は下げっています。
日本は借金大国で、国民の多くが変動金利で住宅ローンを借りてますから、金利が上がると大変なことになってしまいますもんね。

きょうの国内市況(2月2日):株式、債券、為替市場 – Bloomberg

夕方以降も流れはかわらず、動きは少なめ。
日本時間22:30に雇用統計が控えていたのもあり、特に20時以降はあまり動きが見られない状況となりました。
雇用統計の結果、指標は予想を上回りドルが大幅上昇。賃上率が好調なため、インフレリスクが高まった結果とのことです。ドルだけでなく、EURやCHFなど他の通貨も多少買われた一方、売られたのは本日弱いAUDとNZD、そして最近異様な強さをみせていたポンド。
この流れはマーケットクローズまで変わらず。
ドル円はあっという間に110円に回復。月曜日は輸出株が買われるでしょうから、日経平均も上昇でしょうか。

2月2日の海外株式・債券・為替・商品市場 – Bloomberg

アメリカの利上げ観測含め、報酬各国も利上げを開始しています。
これにたいして、日本の利上げ時期はいつになるのでしょうか・・・。

トレード内容

本日のトレードはGBP/USDのロングで損することからスタート。
ここ最近のGBPの強さを忘れきれず、果敢にGBPロング。結果損切りに。
NZDとAUDが弱いためこちらを売ったのですが、相手通貨の選択を誤りCADにしてしまいました。
それまで安定していたCADですが、下落しはじめ結果として損切り。

最後は強いものに乗っかろうと、ドル買い。最近少し下がり過ぎかなと感じてたので、ドル円のロング。そして、GBPUSDがトレンドラインを割ったので、これまでの上昇を考えると大きく下落するかなと思いショート。
結果こちらのトレードで本日の負けを取り返すことができました。

今週も一週間お疲れ様でした。
次は1月のまとめ記事をUPしたいと思います。
(そういえば、cTraderネタも書かないと。ストラテジー作るの完璧にストップしてる・・・。)

トレード結果

Previous:$ 1550.98
Closed P/L:$ 34.97
Balance:$ 1585.95
Floating P/L:$ 0.00
Equity:$ 1585.95

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です