2018/2/13 Tue +112.98

今日のマーケット

引き続き国内市場は下落。急激な円高により、株が売られた模様。
一時期はドル円と日経の連動が薄くなってるなと感じていたのですが、ここに来て動きがかなり引っ張られているようですね。
また、国債も先日発表のあった日銀の買入を背景にか、底堅く動いているようです。

きょうの国内市況(2月13日):株式、債券、為替市場 – Bloomberg

欧州時間始まって以降、円買いのペースはより強まり、結局米国がクローズするまで大して売られることなく終わりました。
欧州時間の半ば以降、大きな動きはなかったですが、ボラとしては円とカナダドルが最大。

1月はポンドが強い相場だったのですが、2月に入り円が最強追加に世代交代。
ポンドは年初の水準近くまで売られており、今年始まってからの上昇をすべて帳消しにしてしまっています。
ドルはに、一度はリバウンドで買われたものの、結局売り基調に。
このままの流れが続くと、ドル円のレートがまた100円前半なんてことになってしまいそうですね。
せっかく日経も高値を更新していたので、非常に残念です。

2月13日の海外株式・債券・為替・商品市場 – Bloomberg

本日14日は今週で唯一、主要な経済指標が固まってあります。
個人的にはあまりトレードをせずに、状況を眺めていたいと思ってます。

今日のトレード

まず最初のトレードは、昼過ぎごろにドル売り。
相手通貨としては円とユーロを選択。エントリーして数時間後、運良く夕方にはドル円が107円台まで下落し、大きくプラスに+78ドルほど。ユーロはそこまで買われなかったものの、+17ドル。
ユーロはその後、日本時間の後半から欧州時間の始まりにかけて売られていたので、結果的にとてもよいタイミングで逃げることができました。

その後、夜になると円、ユーロが買われ、一方でカナダドルやオーストラリアドルが売られることに。
トレンドに乗るためにも、ユーロ買い、CAD売り、AUD売りでエントリー。こちらも数十分ほどで思惑通りに動き、+25ドルほど。

今日のトレード結果

Previous:$ 1812.31
Closed P/L:$ +112.98
Balance:$ 1925.29
Floating P/L:$ 0.00
Equity:$ 1925.29

Sponsored Link


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です